2009年8月6日放送分

今回はふくしまFM3階のベランダで育てている
バケツ稲の成長具合を皆様にご紹介しました。
5月の末に、苗を植えた際、ご指導頂いた
福島県農業協同組合青年連盟・委員長の富塚弘二さんと
一緒にお送りしました。
最初は小さな小さな苗でしたが、大きく成長しているんですよ!
バケツ稲
ただいま、こんな感じです。
5月の頃に比べると何十倍にも大きくなりました。

バケツ稲
富塚さんにしっかりチェックしていただきました。
「緑も濃くなってきて、順調に健康的に育っていますよ!」と
言って頂き、ほっとしました♪♪
バケツ稲
ただこれだけ大きくなると倒れる心配がある!ということで
倒れないようにするために、支柱を立てることにしました。
ホームセンターなどで売っている、あさがお用の支柱
(90cmくらい)を買ってきました。
バケツ稲

すくすく育っている稲が一息つけるように
しっかりと支柱を立てました!
バケツ稲
稲の赤ちゃんができる時期なので、毎日水をかかさないように
しなくてはいけないとのこと!さらに8月20日ごろ、穂がでるのでは
ないかなぁというお話。この頃一瞬だけ白い花が咲くそうです。
驚いたのが、お花は1時間くらいしか咲かないんでって!
1時間ですよ。。。見たいけど、一体いつ咲くのかなぁ。
しっかり見張ってなくては。
バケツ稲
これから気をつけなくてはいけないことを、富塚さんに
伺ってみると、「穂が出てくると、すずめが食べに来る!!」という
ことでした。私、ふくしまFMのベランダで、すずめを見かけたことは
ないような気がするのです。そのことをお話すると、
「それでもすずめは、本能でやってきます!」だそうです。
ですので、穂が出て一週間くらい経った頃に鳥除けの網をしたほうが
いいとのお話でした。

それにしても、本当に毎日大きくなっていくようで、
朝水をやるのが楽しみです。

引き続き「あぐり家の食卓」ではバケツ稲の成長具合をご紹介していきます。
秋には美味しいお米を食べるぞ~。


2009年6月12日

こんにちは!三吉梨香です。今日はふくしまFMの3階ベランダで
育てているバケツ稲の成長具合をご報告します。
順調に育っています!!本日6月12日現在のものです。
バケツ稲
あんなに小さかった苗ですが、(5月28日&6月4日のブログをご覧下さい。)
バケツから飛び出しスクスクと空へ向かって伸びています。
バケツ稲
太陽の光を浴びて元気に育って欲しいです♪
以上、バケツ稲育成報告でした。またアップしま~す。


2009年 6月4日放送分

さぁ!いよいよ私もバケツ稲に挑戦です。
これから秋にかけて美味しいお米を作りますよ~!
かなり気合が入っています!
バケツ稲
まずバケツに土を入れて、表面を平らにします!

バケツ稲
土にお水をしみこませ、苗を植える場所を決めます。
だいたいバケツの真ん中になるように植えましょう!

バケツ稲
根をいためないためないように、土にあまり深く植えない
こと。2cm~3cmが目安だそうです。

バケツ稲
大きく、元気に育つんだよ。

バケツ稲
苗、植えました!

バケツ稲
お水をやりま~す。

バケツ稲
どんどんお水を。

バケツ稲
お水はたっぷり!

バケツ稲
福島県農業協同組合青年連盟・委員長の富塚弘二さん
にご指導いただきながら、バケツ稲を育てます。

バケツ稲
実は5つのバケツ稲を育てることになりました。

バケツ稲
冨塚さん、こんな感じでよろしいですか??
とたずねながらの苗植えです。

バケツ稲
これで今日の作業は完了!!
ふくしまFMの3階ベランダでどんな風に育っていくのか?
このブログで随時お伝えしていきます。
秋には、みんなで収穫祭ができるよう、愛情こめて
毎日育てて行きます!


2009年5月28日放送分

私、ふくしまFMのベランダでお米を作ります!!
宣言します。秋に美味し~いお米ができるはずです。うん。
JAグループでは、皆様にお米や農業をもっと理解してもらうために
様々な取り組みを行っているのですが、その一つにバケツ稲があります。
これから、福島県農業協同組合青年連盟・委員長の富塚弘二さんに
指導を受けながら、バケツ稲を育てていきます。
img_5246
バケツが田んぼの代わりになるバケツ稲。
学校やベランダで稲作に挑戦することができます。
バケツは底の深いものを選んでくださいね。
img_5217
1つのバケツからとれるお米の量って、どれくらいだと思います?
なんと!15g。お茶碗1杯の5分の1なんだそうです。
う~ん。やっぱりお米を作るのって、大変なんですね。

来週は、バケツ稲をベランダで育てる場合の注意点などを
伺っていきます。

そしてこのブログでも、詳しく苗を植える様子から、写真を
アップしますので、お楽しみに♪