2009年 3月19日放送分

今週はJA伊達みらい管内伊達市霊山町で出荷の時期を迎えた
花わさびをご紹介します。花わさび生産農家のカンノユタカさんケイコさんに
お話を伺いました。
090313_134901

花わさびの収穫期は路地もので、4月の上旬から下旬なのですが、
こちらではビニールハウスでの栽培も行われています。
流水で栽培される静岡の根わさびとは違って、土壌で
栽培されます。
img_4841

茎や蕾、葉を食べるので、花が咲いてしまうと大変!
春先花が咲いてしまう前に収穫しなくては
ならないため、今の時期農家は大忙しです。
img_4840

花わさびは暑いところに弱く、涼しい立地を好むので
桑の葉が日よけになるように桑の木がある場所の近くで
栽培したりという工夫がなられています。
日が当たりすぎてはいけない、花が咲いてしまうといけない
など育てるのも非常に難しい作物です。
img_48651

農家の方が丹精込めて育てた春の味覚、花わさび。
皆さまも是非食べて見て下さいね。

プレゼントがあります!JA伊達みらいから花わさびの瓶詰め
3本セットを5名様に♪♪ご希望の方は住所、氏名、年齢、
番組の感想をお書きの上、『あぐり家の食卓』までご応募ください。


2009年3月26日放送

続いて花わさび生産農家の引地ちえさんに、花わさびの美味しい食べ方を
教えて頂きました。私、茹でて食べるとばかり思っていました。。。
img_4863

では皆さまにもご紹介しますね。
img_4844

花わさびは、調理方法にポイントがあって、茹でてしまうと
辛さより苦味が出てしまうので、熱湯をかけたり、
さっと湯どうしします。温度は80℃が目安だそう。
img_4846

10秒くらい、さっとお湯にとおします。
img_4847

お水でさっと。
img_4853

刻んだ花わさびに塩をまぶします。
img_4856

繊維を壊すように強くもんで、ビニール袋や容器に入れて
密封し、2時間ほど寝かせます。(必ず密封!!!)

img_48591


気になるお味はというと!口に入れるとあの香り♪♪
鼻にぬける爽やかな辛さがたまりません。
大好きな味です。真白なごはんがすすみそう!
引地さんにお話を聞いてみると、まだまだ花わさびを
どうやって食べるか知らない人がいるのが残念とのこと。
どんどん広めて、沢山の人に食べてもらいたいと
お話をされていました。私も今回取材をさせて頂き
今まで、食べていなかったことが悔やまれました。
本当美味しいんですよ~。

春の訪れを感じされてくれる春の味覚、花わさび
皆さんも是非味わってみて下さいね。

さて今回はJA伊達みらいから花わさびの瓶詰め3本セットを
5名様に頂きました。ご希望の方は、住所、氏名、年齢
そして番組の感想を書いて、『あぐり家の食卓』まで
ご応募ください!


2009年3月12日放送分

郡山市朝日2丁目内環状線沿いにありますジェラート店
“ガザロ”をご紹介しました。
img_4772

県産の牛乳や果実野菜を使ったジェラートが並んでいる
“ガザロ”はJA全農福島が、地産地消というキーワードをもとに
酪農業への理解や牛乳の情報発信の拠点をしたいという
思いで始めたお店です。

img_4765

“ガザロ”はイタリア語で「酪農家」を表す、ガザーロから
付けられたそうです。

img_47671

お店では常時12種類のジェラートが販売されています。
売れ筋は「ミルク」「クリームチーズ」「抹茶」「ラムレーズン」
などだそう。写真はお持ち帰り用です。
お土産にも喜ばれそうですね♪

img_4760

お隣にある焼肉店「牛豊」でジェラートを食べながら
さらにゆっくりお話を伺いました。
今までの変わりダネ味としては、アスパラや枝豆もあったそう。
今はピーマンや小倉を試作中なんですって!早く食べたいなぁ。

img_47522

ジェラートの他にも人気商品があるんです。
こちらが今大人気の「生キャラメル」♪♪♪
口の中に入れると、あっという間に溶けてなくなって
しまう魅惑のおやつです!売り切れになってしまうことが
多いのも納得です。

img_4771

ホワイトデーを控えた今の時期は、生キャラメルの
プレーンとチョコをセットにして、こちらの可愛い袋に
入れてくれますよ~。

img_4756

その他、空気が冷たい季節は豚まんも味わうことができます。
生地は福島産コシヒカリの米粉が20%使われています。
具材は福島産麓山高原豚、野菜は福島県産の生しいたけが
使われています。地産地消ですね~。

場所は郡山市朝日内環状線沿いにあります、JA全農福島直営の焼肉店
「牛豊」のすぐ隣り。近くにはJA郡山の直売所愛情館もあります。

是非お出かけくださいね。


2009年 3月5日放送分

今週は3月4月と2ヶ月にわたって、JA全農福島でおこなっている
“おいしさのトクトクえ~米キャンペーン”について
JA全農福島  米穀部米穀課課長の太田達也さんにお話を伺いました。
img_47191

福島コシヒカリ・福島ひとめぼれ・「ふくしまの米」を
使ったお米(各5kg・10kg)の米袋についている
応募シール(↑)を貼って応募すると
合計3000名様に素敵なプレゼントが当たるんですよ♪♪♪
まずは、☆得え~賞 お好きな2万円のおトクを合計100名様にプレゼント!
ラインナップをご紹介すると・・・
1得:JCBギフトカード2万円分
2得:図書カード2万円分
3得:QUOカード2万円分

☆え~米賞(得え~賞にはずれた方にも合計2900名様にオトクなプレゼント)
・福島牛1万円相当(200名様)
・ふくしまのもも1箱(300名様)
・サトウのごはん20個
・図書カード500円分
福島の美味しいお米を食べて、プレゼントをゲットして下さいね。

img_4721

さてこの時期、“食味ランキング”という言葉をよく耳に
しませんか?これは毎年日本穀物検定協会が実施している
お米の食味試験のこと。今年も全国から127産銘柄の
食味試験が行われ、その中で21銘柄が“特A”と評価されました。
県内では会津コシヒカリ・中通りひとめぼれが最高ランクの“特A”に
評価されました。ちなみに会津コシヒカリは全国で3年以上連続
“特A”評価の14銘柄に該当しています。

今回は会津コシヒカリ5キロを5名様にプレゼントいたします。
住所・氏名・年齢を書いて送ってください。
沢山のご応募お待ちしています!!!