2009年8月27日・9月3日放送分

こんにちは!三吉梨香です。これから秋にかけて
県内ではたくさんの果物が旬を迎えます。
県内では今オリジナル品種のぶどう、“あづましずく”が旬を
迎えていますが、今回は9月に出荷が始まる、巨峰、ピオーネを
ご紹介しました!
ぶどう
福島市飯坂にあります、野崎果樹園にお邪魔し、
JA新ふくしま ぶどう専門部部会長の野崎健一さんに
お話を伺いました。
ぶどう
棚一面の緑の葉が、キラキラと光を通して、とても美しい
ぶどう畑の景色が広がっていました。
ぶどう
ぶどうは、さくらんぼや桃と違って自分の頭の上になっています。
だいたい地上から180センチくらいです。棚になっているのは、
蔓が延びたときに作業がしやすいためだそうです。
野崎さんが育てているのは、巨峰とピオーネ。
ぶどう
ぶどうはこの様に一つ一つ丁寧に袋が被せられています。
これは虫や鳥からぶどうを守るためとのこと。
約1ヶ月半、この袋が被せられるんだそうです。
ぶどう
今袋をとるとこのようなぶどうが生っています。
今年の成長具合は、色が濃くなって大きさもよく
後はお日様の光を浴びて糖度がのってくれば、最高のぶどうに
なるとのことでした。楽しみですね~。
ぶどう
野崎さんの果樹園では9月の上旬に出荷が始まり、
お彼岸に向けて最盛期を迎えます
ぶどう
ぶどうは収穫間際に鳥が持って行ってしまうこともあったり
押しつぶされた巨峰やピオーネにならないように、
小さな粒や奥に入り込んでいる粒を落とさなくてはいけなかったり
育てるのがとても大変なんだそうです。
元気に育つんだよ~。

ぶどう
野崎さんはぶどうのほかにもさくらんぼ、桃、りんごフジなどの
果物も育てていらっしゃいます。
是非野崎さんが丹精を込めて育てた果物、味わってみてくださいね。

野崎果樹園:024-553-1295(電話&FAX)



2009年8月13日・8月20日放送分

福島を代表する果物の一つ「桃」の取材へ行って来ました!
甘くてみずみずしい桃について福島市にあります、
橋本果樹園の橋本正美さんにお話を伺いました。
もも
見てください!とっても可愛いらしい桃たち。
橋本果樹園では、あかつきをはじめ、夕空、川中島、まどかなど
全部で13種類の桃を育てていらっしゃいます。
桃
日照不足が心配されていた桃ですが、福島市はそれほど
雨も降らず、平均糖度は12度以上の美味しい桃が育っているとのこと。
桃
桃の中でも、どうして「あかつき」がこれほどまでに人気なのかを
たずねてみました。
桃

「あかつき」は白桃と白鳳のかけあわせで、この2つのいいところ
をとった桃とのこと!糖度が高く、果肉も緻密でとっても甘いことが
人気の秘密のようです。

桃
私も、実際に桃狩りを体験させていただきました!
美味しい桃は、木の先端に生っていて、真ん丸とふっくら
していて、色が鮮やかもなんですって。
真剣に選びました(笑)でも、どれもとっても綺麗な色。

桃
とれたての桃を頂きました~。

桃
私がもぎった桃です。では!いただきます!!

桃
果肉がちょうどいい柔らかさで、とけるような甘さ。
やっぱり美味しい!これなら何個でも食べられちゃいます。

桃
あまりに美味しいので、もう一つ。
今度は「まどか」をいただいたのですが、これがまた甘い!
「あかつき」より糖度が2度ほど高いんですって。
桃
これだか美味しい桃を育てていらっしゃるんですもの。
やっぱり色々と大変なこともありますよね。
橋本さんが桃を育てていて、苦労するのは、13種類、それぞれの
桃の特性をしっかりと見極めて育てていかなくてはいけないことだそう。
子どもが13人いるのと一緒ですね。
桃
桃というと夏を代表する果物ですが、種類によっては9月まで
食べられるものもあるんですよ!とお話をしてくださいました。
旬の味覚。これだけ美味しい桃ですもの。
できるだけ長い期間楽しみたいですね。
農家の方が丹精を込めて育てた桃。

みなさんも是非味わってくださいね。


2009年8月6日放送分partⅡ

番組でもお話をしました。バケツ稲!!
福島県農業協同組合青年連盟・委員長の富塚弘二も
ご自宅で一緒に育ててくださっています。
今回はご自宅のバケツ稲の写真を撮ってきてくださいました!

バケツ稲

こちらは5月末。ふくしまFMにあるものと同じ頃に苗を植えて
下さいました。数は私が育てているバケツの倍!
10個なので、お茶碗2杯分です(笑)
バケツ稲
最初はこんなに小さかったんですよね。
改めてみると、本当すくすく育っているなぁ~と感動します。
バケツ稲
富塚さんが7月3日に撮影してくださったもの。

バケツ稲
今月収録した日の朝、写真を撮ってくださいました。
約1メートルです。

バケツ稲
綺麗な緑です!
バケツ稲
わぁ~。こうやって10個並べると、迫力がありますね。
富塚さんのバケツ稲も元気いっぱいに育っています。
富塚さんのお話を参考にさせて頂きながら、
引き続き、私もバケツ稲の育成に勤しみます。


2009年8月6日放送分

今回はふくしまFM3階のベランダで育てている
バケツ稲の成長具合を皆様にご紹介しました。
5月の末に、苗を植えた際、ご指導頂いた
福島県農業協同組合青年連盟・委員長の富塚弘二さんと
一緒にお送りしました。
最初は小さな小さな苗でしたが、大きく成長しているんですよ!
バケツ稲
ただいま、こんな感じです。
5月の頃に比べると何十倍にも大きくなりました。

バケツ稲
富塚さんにしっかりチェックしていただきました。
「緑も濃くなってきて、順調に健康的に育っていますよ!」と
言って頂き、ほっとしました♪♪
バケツ稲
ただこれだけ大きくなると倒れる心配がある!ということで
倒れないようにするために、支柱を立てることにしました。
ホームセンターなどで売っている、あさがお用の支柱
(90cmくらい)を買ってきました。
バケツ稲

すくすく育っている稲が一息つけるように
しっかりと支柱を立てました!
バケツ稲
稲の赤ちゃんができる時期なので、毎日水をかかさないように
しなくてはいけないとのこと!さらに8月20日ごろ、穂がでるのでは
ないかなぁというお話。この頃一瞬だけ白い花が咲くそうです。
驚いたのが、お花は1時間くらいしか咲かないんでって!
1時間ですよ。。。見たいけど、一体いつ咲くのかなぁ。
しっかり見張ってなくては。
バケツ稲
これから気をつけなくてはいけないことを、富塚さんに
伺ってみると、「穂が出てくると、すずめが食べに来る!!」という
ことでした。私、ふくしまFMのベランダで、すずめを見かけたことは
ないような気がするのです。そのことをお話すると、
「それでもすずめは、本能でやってきます!」だそうです。
ですので、穂が出て一週間くらい経った頃に鳥除けの網をしたほうが
いいとのお話でした。

それにしても、本当に毎日大きくなっていくようで、
朝水をやるのが楽しみです。

引き続き「あぐり家の食卓」ではバケツ稲の成長具合をご紹介していきます。
秋には美味しいお米を食べるぞ~。


2009年7月30日放送分

暑い夏にスタミナをつけるには??
やっぱり焼肉♪ということで
郡山市内環状線沿いにある焼肉『牛豊』朝日店へ行ってきました。
お店に入ると食欲をそそるい~い香り。
今回も美味しいランチを頂いちゃいました。

牛豊朝日店では、7月中旬にランチメニューをリニューアルしたそうです。
従来のメニューに加えて、夏のランチメニューが登場しています。

ピリっと辛い“野菜炒め”・・・800円
つるっと冷たい“ごろごろチャーシューつけ麺”・・・700円
そして、“福島煌き牛ステーキ丼”・・・1200円

福島煌き牛スーテキ丼
↑こちらは“福島煌き牛ステーキ丼”です。
福島牛のサーロインステーキが、どんっ、と一枚まるごと
温かいご飯の上にのっていて、とても豪華。
お肉も分厚くて、柔らかいんです。夏バテ知らずのメニューです。
この豪華ランチはただいま特別価格です。
1ヶ月、2ヶ月後にも値段が変わっているかもしれないとのこと。
是非この機会に絶品丼を味わってみてくださいね。
きゅうりビズキャンペーン
今、牛豊では<きゅうりビズキャンペーン>を開催中です。。
来店された方には、こちらのきゅうがサービス!
暑い日にきゅうりを食べるとクールダウンさせてくれますよね。

さらに牛豊では8月、朝日店4周年記念キャンペーンを開催されます。
8月17日(月)から31日(月)まで
・朝日店は生ビール1杯100円
・八山田店では飲み物全て半額♪

五感を刺激して、食欲を増進させてくれる焼肉を食べて
暑い夏を乗り切りましょうね。