2010年 6月24日放送分

今回は福島市飯坂にある金子多美雄さんの
さくらんぼ畑へ取材に行って来ました!
JA新ふくしま管内では、今サクランボの収穫が
最盛期を迎えています。
ハウス物のサクランボは先月取材させて頂いたのですが、
露地物は今年初♪宝石のような佐藤錦は、
甘みだけでなく酸味も程々にあって、本当に美味しい♪

金子さんが育てていらっしゃる、佐藤錦は収穫まで
あと少しとのことでした。
一粒頂いてみると、口の中で、プチっはじけて
とっても瑞々しい!!


金子さんにお話を伺ったところ、今年はお天気の影響が
心配されていましたが、豊作とのこと。
初夏を代表する果物、サクランボ、たっぷりと楽しみたいですね。


今回、お話を伺った、金子多美雄さんと♪
金子さんは、50年以上サクランボを育てていらっしゃいます。
昔は、雨よけ一つにしても、竹を切って運んできたらしいです。。
それはそれは大変だったそうです。
サクランボのお話をされる金子さんの瞳がとっても優しく
キラキラと輝いていらっしゃるのが印象的でした。
農家の方々に感謝して、旬の味覚、楽しまなきゃなぁと
改めて感じた取材でした。


2010年6月17日放送分

今回は、JA伊達みらいからオリジナル商品が発売されたということで
JA伊達みらいの小賀坂さんにお話を伺いました。

JA伊達みらいでは、プライベートブランド商品を開発し、
販売しています。第一弾は、完熟とまとじゅーすでした。

その第二弾がこちら!!

「えごまシリーズ」です。
福島では「じゅうねん」とも呼ばれていますが、
えごまには、身体にもαーリノレン酸などが多く含まれていて
栄養価も高いと言われています。
県内各地でも栽培されている、えごまですが、JA伊達みらいでは
休耕地を使い、えごまを栽培し、そのえごまを使って
パウダーや、ごま、オイルなどの商品を開発しました!

農業が抱えている問題解決の一つでもあるんですね。


お話を伺った、小賀坂さんと。
バニラアイスにえごまパウダーをかけて食べてみたり、
きゅうりに、えごま油をかけて頂いたり、
体にも優しく、お腹も大満足!

JA伊達みらいから発売されていうる「えごまシリーズ」は
JA伊達みらいのファーマーズマーケット「んめーべ」でも
買うことができます。

是非皆様も味わってみてください♪


2010年6月10日放送分

最近、福島から出荷されたある野菜が首都圏で人気が
あるという話を伺って伊達市の農産物直売所、
みらい百彩館「んめ~べ」に行って来ました。

その野菜が、こちらのきゅうりです。
1本1本透明な袋に丁寧に包まれています。
パッと見はスラっとしたきゅうりですが、カタチが
デコボコしています。
「切ってみるとよくわかりますよ!」を伺い、
切ってみると。。。


あ~っ!!★型と♥型のきゅうり♪
輪切りにして断面にしてみると、綺麗な星とハートカタチが
よ~くわかります。可愛らしいですよね。


星型のきゅうりを「伊達の一番星」。
ハート型のきゅうりを「ハートスティック」というそうです。
最初は、東京のミッドタウンにある東急スーパーのみでの
発売だったそうですが、2、3年前から少しづつ
<んめ~べ>でも発売し、今年から本格的にお店に
並んでいるとのこと!
ただ育てるのは大変!
小指くらいの大きさの時に、プラスティックの容器に
入れてそのまま育てるそうですが、
実際にお店に並べられるのは、6割ほど。
成長過程で傷がついてしまったり、折れてしまったり
とっても手間がかかります。

愛情がたっぷりとこもったきゅうり。
旦那さまやお子さんのお弁当に入れてもいいですよね♪
(ちなみに披露宴などのお料理に、とっても喜ばれているそうです。)


クラッカーにチーズをのせて、スライスした♥&★のきゅうりを
のせれば、ちょっとした、おもてなしのおやつになりますね。

星型のきゅうりを「伊達の一番星」と
ハート型のきゅうりを「ハートスティック」は、
東京ミッドタウンと、伊達市のみらい百菜館「んめ~べ」のみの
発売です。

お話と伺いましたJA伊達みらいの佐藤ひろまささん。


2010年5月27日・6月3日放送分

今回は、双葉町で、ほうれん草を栽培していらっしゃる
斎藤宗一さんのほうれん草ハウスへお邪魔させて頂きました。

ほうれん草というと、旬の季節は“冬”。
ではありますが、双葉町などで海沿いの地域では、
周年栽培をおこなっていて、この時季も旬の味覚として
ほうれん草を楽しむことができます。


斎藤さんの畑で作られた、ほうれん草。
葉肉が厚くて、緑が濃くて、あまりお目にかかれないくらい
しっかりとしたほうれん草でした。

おひたしにしてもいいけど、これだけ葉肉がしっかりとしていたら
バター炒めにして、パスタにしても美味しそう♪♪


斎藤さんが作ったほうれん草は、いわきコープさんや
地元の一部のスーパーに並んだり、
学校給食や病院食としても使われているそうです。
その他は、東京の有名百貨店に出荷されるとのこと。
どこかで見かけた際は、是非ご賞味ください!


今回の取材は途中前が見えにくくなるくらいの大雨でした。
それにも関わらず、懸命に収穫を続けていらっしゃる農家の方々。
一日でも遅れると、ほうれん草が大きくなって
売り物にならないそうです。

吐く息が真っ白な日も、大雨の日も、太陽が照りつける日も
農家の方々の懸命な作業があって、
私たちは美味しい野菜や果物が頂けるということ。

常に感謝の気持ちを忘れずに、大事の恵をいただかなくては
いけないという思いを改めて強くしました。