2013年8月15日・22日

今回は新しい建物が気持ちのいい
JA新ふくしまへお邪魔させて頂きました。

お話しはJA新ふくしま総合企画部 組織広報課課長の
菅野房子さんに伺いました。

今、まさに出荷のピークを迎えている桃♪

今年も太陽の光をサンサンと浴び、
美味しいあかつきが出来上がりました。

桃は食べる2時間~3時間前に冷蔵庫で冷やして食べるのがおすすめとのこと。

そして菅野さんに、楽しい桃の食べ方を教えてもらいました!

それは!『桃のスムージー』!
作り方はとっても簡単です。
桃の皮をむいて、くしぎりにし、
4つぐらいにわけて、ポリ袋などにいれて冷凍庫で保存します。

それを牛乳と氷と一緒にミキサーで
混ぜるだけ。

お正月など、こたつに入りながら
飲めば、贅沢ジュースになります。
冬に桃が頂けるのも嬉しいですよね。
ぜひおためしください。


2013年8月1日・8日放送分

JA須賀川岩瀬のファーマーズマーケット
「はたけんぼ」さんの野菜をたっぷり
使ったメニューを頂けるお店
“ゆめぜん”さんへ取材に行ってきました。
お話しを聴かせて頂いたのは、
はたけんぼの野菜博士!
野菜ソムリエでもある澤山聖美さんと
西間木店長。

風評被害という言葉を以前ほど
聴かなくなった今のほうが
風評被害を感じることがあると
お話しをしてくださったのは
澤山さん。

それは例えば、
キュウリ5本●●●円と
同じ値段で、福島県産と他県の物が
並んでいたら、どちらを手にとるか。

福島に住んで、福島県産の
農産物の放射線検査が
どれほど念入りに行われているのかを
知っている人は、
福島の農産物の安全性をわかって
福島の農産物を手にとって
下さるけれど、
何も知らなければ、
同じ条件でスーパーに並んでいる場合、
他県のものに手が伸びたをしても
それは仕方のないこと。

だからこそ、福島の美味しい野菜の
安全性と魅力を沢山伝えていきたい!
とお話しを聴かせてくださいました。

そして西間木店長も
はたけんぼの野菜の美味しさ安全性を
知っているからこそ、
もっともっと多くの人に食べてもらいたいと
毎朝自らはたけんぼに足を運んで
その日お店で調理する野菜を
買いに行かれるそうです。
IMG_3425[1]
はたけんぼの野菜を使った
バーニャカウダー♪
大根がハートになっています。

IMG_3420[1]
ゴーヤも美味しかった♪

IMG_3423[1]
須賀川の夏秋キュウリの
生産量は全国No.1。
お店にはキュウリの魅力を伝える
ポップも並んでいました。

IMG_3432[1]

こちらは白河高原豚のステーキ。

地元の野菜を地元のお店で調理し、
美味しいものを食べて
沢山の人が笑顔になる姿を
農家の人に見せたいという澤山さんの
言葉になんだか胸がいっぱいになりました。

美味しい福島の夏野菜や果物。
旬の味覚を思いっきり楽しみたいと
改めて思った時間でした。