2013年12月19日・26日

今月17日&18日の2日間。
一泊2日で地産地消にこだっわったお座敷列車が
運行となりました。

このお座敷列車は、JA須賀川岩瀬はたけんぼが
5年前からはじめ、生産者と消費者、そして地元
企業を繋ぐ列車として人気を集めています。

6両全て貸し切り、全車グリーン者だそうです。

今年はJAあいづ「まんま~じゃ」さん、
JA伊達みらい「んめ~べ」さんとの
共催で運行となったのですが、
まさに列車に乗っている、はたけんぼの
澤山聖美さんに電話を繋いでお話しを伺いました。

朝6時44分に須賀川駅を出発し、
山梨へ向かう中、6時45分には宴会が始まっていたとか!
電話ごしにもものすごい盛り上がりでしたよ~。


はたけんぼ号からリアルタイムで
送られてきた写真です♪
豪華ですよね。
お弁当も地産地消にこだわった
野菜たっぷりのお弁当になっています。


お弁当には、お米や野菜などを提供された
生産農家さん43人の名前が添えられていました♪

日頃どんな人が野菜やお米を
作っているのか、触れ合う機会って
なかなかありませんよね。
こんな楽しい列車で、交流を深めるって素敵です。

来年は皆さまも是非ご参加ください。

さて、あぐり家の食卓は、
今年最後の放送となりました。
今年1年お聴きい、本当にありがとうございました!
来年も福島県の美味しい農産物の魅力を
ご紹介していきます。

2014年もどうぞよろしくお願いします。


2013年12月5日・12日放送分

このところ毎朝必ず食べている
リンゴを求めて、
福島市飯坂町のリンゴ農家さんを訪ねました。

厚かましくご自宅にお邪魔させて
頂き、色々とお話しを伺わせて頂きました。

お話しを伺ったのは、
JA新ふくしま飯坂支部の
大槻よしひろさん。

リンゴ博士です!美味しいリンゴの
見分け方や保存方法をもちろん
リンゴを育てていて、
一番苦労することなど様々な
お話しを聴かせてくださいました。

素敵な奥様が、すぐにリンゴを
切ってくださいました。
瑞々しくって、シャリっという
食感がたまりません。
やっぱり美味しいふじりんご。
取材だということを忘れて
一人、パクパクと頂いてしまいました。。。


大槻さんは3代目ということで、
2代目のお父様とお母さまも
途中で合流してくださいました。
コタツに入って、
親戚のお家に遊びに来たような
そんな気分になってしまいました(笑)


こんな大きなリンゴも
頂いちゃいました。

今年のリンゴは、9月以降、
気候に恵まれたことから、
品質のいいとても甘いものができたとのこと。

確かに、今年は“つがる”から
どれを食べても美味しいくらい
甘く実っていますよね。

でもここにくるまで
春先の霜への対応など、
農家の皆さんの大変な苦労があります。

「霜注意報」が出た日は、
夜0時~明け方5時頃まで
出たり入ったりと、
霜の対応に追われ、
春先はほとんど眠れない日が
続いたそうです。

私たちが今、美味しいリンゴを
頂けることに心から感謝ですね。

そんな気持ちを忘れずに、
今年のリンゴを味わいたいと思います。